バイクの免許を取るために必要なスキルとは

ライフスタイルに合わせたバイクに乗る為の基礎知識

免許取得手続きに必要なもの

種類によって取得する免許が違う?

二輪の免許の種類は大きさや種類によって分かれており、それぞれの種類に運転技術や教習内容などが異なります。
自身がどの免許を取りたいのか、しっかりと下調べした上で選ぶようにしましょう。

一般的に原チャリと呼ばれる二輪が原付一種で、原付免許を取得することで運転することができます。
排気量が50cc以下の二輪が運転可能で、普通免許を取得すれば原付二輪も運転することが可能です。

小型二輪免許は、排気量125cc以下の二輪が運転可能で、二人乗りもすることができます。

普通二輪免許で運転可能な二輪は、高速道路も走行可能です。

最後に大型二輪免許で運転できる二輪の排気量は制限がありません。
ハーレーなどの大型二輪を運転することができます。

だいたいどれくらいの費用が必要?

バイクの排気量やAT限定か否か、各教習所によって免許取得の費用は変わってきますので事前の確認が必要です。

原付免許(50cc以下)の費用は8,000円からとなっています。

小型限定普通二輪免許(125cc以下)の費用は23,000円からで、教習所の料金は約195,000円からです。
AT限定の場合は費用は同じく23,000円からですが、教習所料金が約180,000円からとなります。

普通二輪免許(400cc以下)とAT限定、大型二輪免許(排気量無制限)とAT限定(650cc以下)も小型限定普通二輪免許と同じく費用は23,000円からですが、教習所料金が普通二輪免許が約230,000円からで、そのAT限定が約205,000円からになっています。
大型二輪免許は約320,000円からで、そのAT限定は約285000円からです。


このコラムをシェアする