バイクの免許を取るために必要なスキルとは

ライフスタイルに合わせたバイクに乗る為の基礎知識

教習所の役割

安全な運転をするために

車やバイクなどの免許を取得するためには身体の状態が一定の基準を保っていないといけません。
運転している本人や通行人などの安全を守るために運転免許をとる際には適性試験が行われるのです。
身体の状態も免許取得に必要な一つのスキルと言えます。

バイクの種類ごとの適正試験の内容を見ていきましょう。

原付一種では、視力はメガネやコンタクトの使用も含めて両目0.5以上が必要となります。
他に色彩識別能力と運動能力の試験があり、一定の水準を下回らないかの検査が行われるのです。

小型二輪、普通二輪、大型二輪はメガネとコンタクトの使用を含めて両目で0.7以上が必要で、運動能力検査、色彩識別検査、補聴器の使用を含めた聴力検査が行われます。

スキルを身に着けるための教習内容

教習所で行っている教習はバイクを運転する上で必要なスキルを身に着けるためのものです。
つまり、もともと持ち合わせていなかったスキルであっても教習所の教習を受けて試験に合格することが必要なスキルを知ることでもあり、安全な運転の第一歩でもあります。
ではどんな内容の教習の行っているのかを見てみましょう。

原付免許は学科試験に合格したら原付講習を受けて免許取得となります。
講習内容は、操作方法、走行方法、安全に運転するための知識の取得と実技訓練です。
その他、小型二輪、普通二輪、大型二輪はもともと取得済みの免許によって教習内容が変わってきます。
基本的にはバイクの種類に合わせた操作方法、走行方法、知識と実技訓練ですが、種類によって全ての方法や注意点は大きく変わりますので乗りたいバイクに合わせたスキルを身に着けることが重要です。


このコラムをシェアする