バイクの免許を取るために必要なスキルとは

ライフスタイルに合わせたバイクに乗る為の基礎知識

バイクの運転に必要なスキル

バイクの取り扱い

教習所で教えてくれるバイクの取り扱い方を見ていきます。
原付や小型二輪ですと車体があまり大きくはないので取扱い方もあまり難しくはないのですが、普通二輪と大型二輪は車体が大きく重いので支えるだけでも技術を必要とするのです。
安全に運転できるようになるためにはバイクに慣れることがとても大切なこととなります。

まずは、バイクにエンジンをかけていない状態で支え方や重さ、スタンドの取り扱い方などを体感します。
そして、バイクを押して歩く練習や後ろに下がる練習、八の字の練習では力だけでは支えることができないので腰を使った支え方などを教えてもらいます。
また、転倒などした場合にバイクを引き起こすことも最初は難しいので効率的な引き起こし方を数パターン教えてもらい、習得することも重要です。

免許取得のための技能

バイクに慣れてきたら基本操作や基本走行に進みます。
この段階ではバイクの免許取得に必要な最も大事なスキルがたくさん出てきますので、きちんと把握して学ぶことが大切です。

基本操作はアクセルグリップやフロントブレーキなど各部所の使い方、エンジンの始動と停止の仕方などバイクを動かすうえで必要な操作方法を学びます。

基本走行は、エンジンを始動させた発進と停止、ギアチェンジを使った速度の調節法、さまざまな障害物を避けるための進路の変更、交差点における走行法や注意することなどを実技を通して教えてもらうことができます。

また、応用走行として八の字コースや直線狭路コースS字カーブ、など複数のコースでの練習もバイクの免許を取得するうえでのスキルを身に着けるためには重要なこととなります。


このコラムをシェアする