幼稚園で働くために|グンと広がる職の幅|宅建の参考書で資格の取得を目指そう

グンと広がる職の幅|宅建の参考書で資格の取得を目指そう

幼稚園で働くために

勉強する人

通信教育や認定試験で

幼稚園教諭免許を有している人は、幼稚園でクラス担任などとして働くことができます。幼稚園教諭免許は、基本的には大学や短期大学で専門課程を履修し、必要単位を取得すると得ることができます。しかし中には、専門課程を履修せずに、あるいは単位を取得できずに大学や短期大学を卒業することになる人もいます。そのような人の場合、一部の大学での通信教育を受けることでも、幼稚園教諭の免許を得ることが可能となります。卒業時の単位をベースとして、不足している単位のみを、通信教育を受けて取得するのです。また、そもそも大学や短期大学に入学しなかった人の場合、まずは保育士になって3年間働くと、幼稚園教諭になるための認定試験を受けることができます。

私立と公立の違い

免許を得たとしても、すぐに幼稚園教諭として勤務できるようになるわけではありません。幼稚園には公立と私立とがあるのですが、公立幼稚園で働くためには、自治体でおこなわれている採用試験を受けて合格しなければなりません。合格した場合、地方公務員として、地域の公立幼稚園の中の一箇所で勤務することになります。勤務地が希望する幼稚園になるとは限りませんが、地方公務員という安定した立場を望んで、こちらを選択する人は多くいます。一方私立幼稚園の場合は、その幼稚園で独自におこなわれている採用試験を受けて合格すれば、勤務できるようになります。私立幼稚園は公立幼稚園よりも数が多い分、幼稚園教諭の募集人数もやや多めとなっています。